特許庁よりIPランドスケープの実態調査に関する報告書が公表されました


特許庁より「経営戦略に資する知財情報分析・活用に関する調査研究の概要」と題し、IPランドスケープの実態調査に関する報告書が公表されました。

日本企業へのアンケートやヒアリング結果に基づくものであり、IPランドスケープの重要性が認められながら、実践企業は未だ少数派である等、示唆に富む内容です。

課題としては、情報収集分析力や仮説構築力の不備が挙げられ、弊社教育サービス(ロイヤルティプログラム)の有用性が裏付けられた格好です。

詳細は、こちらを参照くださいませ。


お問い合わせ